読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変な進学校 麻布学園

都内で有数の進学校と呼ばれる麻布学園。 進学校の御三家と呼ばれ、開成、武蔵と共に毎年数多くの東大合格者を出しています。そんなエリート校の教育方針、授業内容、生徒の雰囲気などはどのようなものなのでしょうか?調べてみると、普通の学校とは違い、生徒の自主性を尊重し、かなり自由な校風です。校則もほとんどなし。私服で髪ボサボサ、髭ボーボーでもOk。普通の学校と比べてしまうと『変』という言葉がしっくりきます。

私も小学校の同級生で麻布にいった子がいました。 親はマンションオーナーで、まぁそこそこ金持ちでした。とりわけ秀才といった訳ではなく、気が付いたら『あの子麻布に受かったんだって』みたいな感じでしたね。受験時期に、『ちょっと遊ぼうよ〜』と誘うと『忙しい』と言いながら、嫌々ついてきて、砂場で落とし穴に落ちて泣いてた思い出があります。(あの時はごめんねさい)逆に開成に行った子は、受験時期に遊びに誘っても拒否。下校時に、その子を尾行し、家に無理矢理上がってやろうと試みましたが、玄関どころかマンションのロビーにすら入れてもらえない徹底ぶりでしたw そこまで嫌わなくても〜〜と思ってましたが当たり前ますね。

ある韓国芸能人が、実際に麻布の生徒と同じように授業を受け、その実情に迫るドキュメンタリー番組があったので、ご紹介します。(ニコ動でみれます。)

ては潜入!!

右の世界史の先生は韓国語でご挨拶

、、そして教室へ向かう

韓国の学校も大変そうですな

そしてご対面

もじゃもじゃww

さて授業開始

髭ww

ひょこっと4人くらいが遅刻してゾロゾロと教室へ入ってきました。普通なら注意されそうですが、そこは特に問題視されてないようで、。

そして握手してご挨拶

世界史の授業で討論なんかした事がないな〜。知識詰め込みではなく、ちゃんと考えさせることに重きを置いてるんだろうなー

先生いわく、『国際社会に通用する人間を育成する為、また文部省も重要科目として指定していることから』との事

【そして休み時間】

本当に勉強と遊びと両立して、伸び伸びしている様子ですね。