ドリーム職人 漫画紹介

クロマティ高校課長バカ一代で有名な野中英次さんですが、その他にも色々と作品を出しているようなので、その中のドリーム職人というタイトルのご紹介です。

【内容】

主人公伊能安次郎(23歳)は名匠 山手川倉之助のもとへ弟子入りし、つまようじの溝を彫る技術を習得し、はれてドリーム職人を志す物語です。 ものすごく簡単な作業?を1日5本して、高齢の師匠なのかすぐ休憩してしまい、そんな師匠をみて『このままでいいのか?!?』と思う主人公の葛藤が描かれています。

【つまようじ彫りは挫折】

そんな葛藤と闘う中、ある日東京へ砥石を買いに行くよう師匠に言われ、砥石を買って帰る途中過労で倒れてしいます。 倒れた伊能を、あるグラサンをかけたぬいぐるみ職人が助けてくれます。そこから弟子入りを決意し、見事?入試試験に合格し、つまようじの職人の夢を断ち、新たにぬいぐるみ職人を志します。

【転職後も苦労するはめに、】

ぬいぐるみ職人といっても、ぬいぐるみ作って販売する単なるぬいぐるみ屋さんで、製造、販売、営業に躍起になります。 しかし、ぬいぐるみに王冠をつけたり、パラシュートをつけたり、昆布だしが取れる仕様にしたりと色々模索してもなかなか売れない日々が続きます。

そして、ようやく売れそうな不幸のぬいぐるみというものも雑巾にしちゃうという結果に。

そして再び過労で倒れてしいます笑 しかし、諦めずに頑張りなんとかタワシとして、ぬいぐるみが売れ始めたのであった。

今後、ぬいぐるみ道を突き進めるのか?はたまた別の道を模索するのか?主人公の暗く長い試練は続きそうです。

ドリーム職人 (Vol.1) (ワイドKCモーニング (392))

ドリーム職人 (Vol.1) (ワイドKCモーニング (392))