ハリポタ最新作 ファンタスティックビーストと魔法使いの旅

ハリポタシリーズ最新作の【ファンタスティックビーストと魔法使いの旅】観て来ました。 感想は迫力があって面白かったです!!

私はハリポタシリーズアズカバンくらいまでしか観てないのですが、本編をそんな知らなくても楽しめましたね。

1926年のニューヨークが舞台で、登場キャラクターもほとんど本編と絡みがないので違う作品としても観れると思います。

【ざっと内容】

主人公ニュート・スキャマンダーは後にハリーポッターが通うホグワーツ魔法学校出身で、幼い頃から魔法動物が好きだったようです。在学中に自身の魔法動物が人命を脅かしてしまい、退学。

退学後は魔法省で働いて、動物課で目覚ましい成果をあげる。休暇中に世界を回り、魔法動物の生態について記した書物を著そうと志す。

一時的にNYに身を置くことにした彼だったが、とある出来事で魔法動物を閉じ込めていたトランクから魔法動物が脱走し騒ぎを起こす。逃げた動物を回収しながら、色々な事件に巻き込まれるといった内容です。

【CGも凄かった】

映像も、最新作CGなのか、もの凄くリアルで世界観も凄かったです!また高度な魔法能力も体感できました。

あとは魔法能力のモグラのようなニフラーが個人的には好きです。こいつは可愛いなと思ってしまいました。

物語と魔法と映像とキャラクターもそれぞれ個性的でとても楽しめる作品でした。 上映中に子供のすすり泣き??が聞こえたような気もしますが、大人から子供まで楽しめますので、映画館の爆音スピーカで体感してみてはいかがでしょうか。