手作り ハムスター 地下型巣箱

ハムスターの家で最もハムスター適しているのが地下型巣箱

野生のハムスターは地下に穴を掘って巣を作っているため習性として下に潜り込むような巣箱が一番落ち着くようです。

地下型巣箱の利点としては、 ①ハムスターが落ち着いてリラックスできる ②透明のアクリルから、ハムスターのまったりしている姿が見れる といったメリットがあります。

ペット・ショップなどにある巣箱もいいのですが、ティッシュで埋め尽くしたり、寝ている間はハムスターの姿が見れなかったりします。

地下型巣箱はネットでも市販されているのですが、家にあるもので作れるか試してみます。

ベースはダンボールの箱で作ります。

地下型巣箱はメインの寝室を一番大きくとり、トイレ、エサ貯蔵など全部で5部屋仕切りを作ります。

そして天井となる透明アクリル板をつけます。 100円ショップなどで売ってたのを使用してます。

そしてセロハンテープ、マスキングテープで固定しました。 ただこの方法、掃除するときなど結構不便です。

まぁなんとか形にはなりました笑 牛乳パックなどの方が加工がしやすく作りやすいと思います。

巣箱の周りをしばらくウロウロして、様子を伺っています。

そして、入りました!!!

アクリル板が少し小さく隙間に入ろうとしてます笑 この隙間はマスキングテープで埋めました。