ハムスターを手のひらで寝かせるには

飼い主のエゴと言われてしまうかもしれませんが、ハムスターを自分の手のひらに載せて寝かせたいという願望があります。

普段手にのせると、餌を食べているときはいいのですが、食べ終わるととっとと帰ってしまいます。

本当にハムスターと信頼関係があれば手のひらで寝てくれるか、あるいは疲れすぎでハムスターが仕方なしに手のひらで寝るかと思いますが、なかなか我がハムスターはそうはいきません。

手のひらで寝るどころか止まりもしません。

そんな時、粟ボールという裏の手を使います。

ご覧のように粟食べ終わるまで一生懸命かじるのに夢中な為、30秒くらいは手のひらで可愛くじっとしてくれます。

そして食事が済んだらよっこらせっと起き上がり去ります

邪道かもしれませんが皆様もお試し下さい