フランス旅行記??

お次はドイツ経由にてフランス??へ行ってまいりました!

まずドイツ経由にて入国。ドイツは空港だけでましたが、せっかくなのでビールだけ頂きました。

【パリは観光名所たくさん】

パリは観光地が沢山あるので全部は行けなかったですが、代表的な所だけは行っときました。

最初はかの有名なルーブル美術館 入り口のピラミッド型のガラスオブジェが、フリーメイソンのシンボルマークだ、モナリザが飾っているという程度の予備知識しかないまま入場!

なので1時間しないくらいで、飽きてしまい館内のソファーでボーッとしてしまいました。

教養がない身ですから、芸術鑑賞というのができないです。分かる人は一日中いられるそうなので、事前予習が大切ですね。

こちらは橋の柵に大量の鎖がつけられてます。 恋人同士が名前を書いて繋くことで、別れないという願掛けですね。日本でいう絵馬みたいなものです。

モンサンミッシェルには行くべき?

今回モンサンミッシェルには、一日拘束されるのが嫌で行かなかったのですが、帰った時『何!?モンサンミッシェル行ってない!?何しにフランス行ったんだ?』ばりの事を言われました。

人それぞれだからいいじゃん〜と思ったのですが、行った人にはオススメらしいので、私の代わりに皆様是非、足を運んで下さい。

【フランスのご飯】

フランスのお食事は美味しかったですね〜! 単価は高いですが、やっぱり美味いですね。

特に朝食で出てきたチーズが美味しかったです。あんまりイメージになかったのですが、チーズ屋さんが多く、色んなチーズを手に入れられます。 ブルーチーズは私のお子ちゃま舌には臭すぎて合わなかったですが、それ以外は絶品でしたね。

そして、ずーと洋食ばかり食べていたので、和食が食べたかったのですが、フランスにもうどん屋さんがあったので、安心して下さい(^_^)

【フランス治安事情】

フランスはイタリアに比べれば、そんなに怪しい人もいなければ、スリに遭う雰囲気もなかったかなと感じました。地下鉄や電車には、陽気に音楽を奏でる人もいれば、浮浪者の方もいました。街中は見かけなかったです。

イタリアの不審者みたいに話し掛けてくるわけでなく、ずっと下を向いて、エネルギーを充電している様なので、害はないです。

所々、公衆トイレがあったので、行こうとすると現地のフランス人の案内人が、『危なからダメ』と行かせてくれない、、、。

すいません、膀胱が破裂するんですけどと言ってもそんな所で用をたすのは浮浪者だ!不潔だ!と親切なのかSなのか分かりませんが、絶対使うな!といスタンスだそうです。

一般的にか分かりませんが、フランスの公衆トイレは危険?かも知れません。

【フランス人性格】

一日フランスの現地の方に案内して頂きました。

さっきのトイレ行かせてくれなかった人ですが、やっぱり自己主張は強いのは本当だなーと思いました。妥協という事はなく、自分の意志を曲げない性格であると言えます。(根はいい奴ですが、トイレぐらい融通利かせて欲しかった)

フランスの人の特徴として、愛国心は強いなと思います。 キラキラした顔で、観光案内してくれて、凄い自慢もして来ます。街並も素晴らしいですから、誇りを持っていました。

路上にイタリアの名産フェラーリが10台程通ると、ブチギレて『ファ◯ク!!!』連発したました笑 『こんなん車じゃねぇ、センスが悪い!、エンジン音がうるさい!!』などどうもイタリアのモノは嫌いな様子でした。

『それに比べてフランス車のルノーは良いだろう??』と自国の製品に愛がありました。

フランスの人は、積極的で、意志が強く、愛国心に溢れているそんな人達でした

いざイタリアローマへ!??

今回は、イタリアことローマへ訪問して参りました。

ヨーロッパ自体初めてなので、テレビでみたイメージと一緒か体感してみたいと思いました。

まずイタリアで驚いたのが、建築物がかっこよすぎる、、!

建物が全部統一されているので、街並みが非常にお洒落です。 普通の裏路地でも絵になります。

日本のように、和風の建物もあれば、洋風の建物もあったり、電光掲示版だらけのビルが立ち並ぶ不均等な街並みとは真逆でしたね。

そして、平日の昼からカフェにいる人達がものすごく絵になる! 我々日本人がカフェにいることがものすごく違和感を感じましたね笑

【荘厳なサン・ピエトロ寺院

イタリアでの有名な観光地、サン・ピエトロ大聖堂。 世界最大の教会堂建築で、カトリックの総本山です。 外観から少し雰囲気も変わり、天井が高い建物を通って、教会堂へたどり着きます。

サン・ピエトロ大聖堂外観

建物の中はまさに荘厳! 空気もピリッとしていてとても喋れるような雰囲気ではありません。 建物の作り、装飾も細かく手を凝らしていて、圧巻されました。 120年もの月日を経て、竣工したのもありますが、ここまでの物を人の手で繰り上げられるものかと感動しました。

【コロッセウム】

剣闘士奴隷の競技の場、キリスト教徒の処刑などが「見世物」として興行されたコロッセウムも観てきました。

人間の生死を間近で観れるとい、残忍な娯楽施設ですが、人間の深層心理を着いた所でもありますね。

ただ建築物としてはかなり老朽化が進んでいました。味方によれば少し廃墟っぽく、闘技場地下の倉庫が剥き出しの状態です。

コロッセウムは人気だったのか中に入るのに結構時間はかかりました。

ここで殺戮ショーが行われてたのか〜と想像力を掻き立てないと、『ただのボロっちい建物だな〜で終わってしまいそうです。』

【イタリア治安事情】

さて、観光地するにあたってイタリアの治安は、日本よりは当然危険です!

観光マップにも注意書きがある通り、スリが圧倒的に多そうです。

電車は特にバックを死ぬ気で持って、複数人で固まってるくらいの警戒をして臨みました。

ただ、スリばかり気をつけてたら、改札で切符を買った時に、買った切符を瞬時に抜き取り、『その釣りをよこしたら返してやる』という輩がいました! 頭にきたので、『誰がお前なんかに金を渡すかと!』 もう一枚切符を買ってしまいました。

改札でウロチョロしてる奴は、切符の買い方を教えた(実際には教えてるつもり)ので、切符で買った釣りをよこせという輩がいるので、そこも注意して下さい!

また観光地には物乞いしてる人もいて、素晴らしい街並みだけでなく、そう行った負の部分も垣間みれます。

あとは女性の方はものすごくナンパされるようで、これは文化的な側面もあるようなので、嬉しいかもしれませんが、興味が無ければスルーして構いません。 一般の住宅街も、結構暗いので、気をつけた方がよろしいと思います。

イタリア軍人はカッコよい】

たまたま市内に軍人らしき人が警備にあたっていました。 ジルベスタースタローンさながらのベレー帽にマッチョな出で立ちで、自分が情けなくなるくらいカッコよいです。

雰囲気はお昼時だったか、ずっとお喋りしてましたね笑

↑↑こちらのおじさんです。

【イタリア食事】

パスタ、ピザは一通り食べて観ました。毎度ながら、路地裏にあるローカルな店で済ませてしまうのですが、味の方は『日本で食べるモノとあまり違いがわからない』でした。 すいません、本当に味覚音痴なのかたまたまなのかわかりませんが、正直な感想として、『日本でも食べれる味だなーと思ってしまいました笑』

【最後に捻挫だけには気をつけて下さい】

イタリアは素晴らしい街でした。 ただ1つだけ言いたいのが、路上はレンガ塗装なので、足場は悪いです。街並みが綺麗なので気にならなかったのですが、気付いたら捻挫しており激痛が、、、。 せっかくの観光を苦行にしてしまうので、足はしっかりテーピングを巻きましょう!

シンガポール旅行記

シンガポールに訪問してきました!??

最近はテレビでもかなり取り上げられてるシンガポール。東京23区のくらいの面積の小さな国ですが、経済発展もあり、中心地はビルだらけです。

外国人富裕層なども高級マンションに移住してきたりと、何となくお金や華やかなイメージが強いです。

一方、法律はかなり厳しい

ポイ捨て禁止

鳩に餌をやってはいけない

路上タバコ禁止

ガムの持ち込み禁止

選挙に行かないと選挙権剥奪

路上で5人以上のデモ行為、即逮捕

18歳以上で麻薬所有してたら死刑

拳銃の発砲行為も死刑

えっそれで極刑??という事も多く、法律がきびしいことで有名ですね。

一党独裁で、明るい北朝鮮などとも言われています。

ポイ捨て、路上タバコなど我々観光客も罰せられる事も多いです。罰金刑、禁固刑、鞭打ちの刑になる場合もあります。

都心から離れたインド人街もゴミはそんなに落ちてなく整頓された印象です。

ただ、タクシードライバーのおっちゃん連中は普通にタバコ吸ってたのでこの辺は緩いかなと感じました。

法律だけ見ると、北朝鮮か?と思ってしまうのですが、人の雰囲気を見ると皆様自由そうで、縛られてる感じはしませんでした。

むしろこういったルールがあるので街の治安も保たれて、住みやすいといった印象ですね。

下の写真は、シンガポールで売っていたタバコのパッケージです。 このタバコのパッケージは『タバコは癌になる可能性を高める』とかなりストレートに警告しています。これみると吸いたくないですよね笑

【食事面】

シンガポールはご飯に関しては、『まぁ食べれるけどなーというレベルでした。』

シンガポール国立大学の学食で食べたのですが、パクチーとキムチを足したようなとパンチの効いた臭みのあるスープとご飯を頂きました。

これがオススメ!と現地の学生さんに言われたので、『上手い!』と言いましたが、顔中脂汗が流しながら食べたので、本音を言わない日本人を出してしまいました。

この辺は大体どこの国でもそうですが、ちゃんとしたお店に行けば美味しいもの食べれると思います。 ケチって安いとこ行って不味いとケチつけては、まだまだ未熟者だと感じました。

シンガポール人の特徴】

シンガポール人と行っても、華人系、マレー系、インド系、その他と4カテゴリーいて、ほとんどが華人系です。 インド系、マレー系の人もいて、その人達の同じを聞くと、『私の父親華人系の人との結婚を許さない』 と言われていたので、年代によっては人種間の隔たりはあるようです。

ただ、皆様とても明るくて、フレンドリーで積極的な性格の人が多く、また無邪気で可愛らしいなーという印象でした。

そして日本人より、勉強しているし、将来経営者になりたい、教授になりたいなど、やりたい事も明確な人が多く、しっかりしている。

自分が日本人のアベレージだったら、こりゃ完全に抜かされてると危機感を感じさせてくれる人達でした。

頑張ります。

メルカリ販売効果

CMでもちょくちょく拝見する、メルカリ。自分の所有物を写真に撮ってメルカリサイトに載せて、販売したり、逆に他の人が販売しているものを買ったりと、ヤフオクのもっと簡易版で使いやすいアプリです。

最初はヤフオクで商品出品してみたのですが、全く売れませんでした。

しかし、何かメルカリがいいらしいと口コミがあむたので試しにメルカリで出したらスイスイと売れました。

ヤフオクもユーザー数は多いですが、オークション形式にすると月400円金額が発生するのと、一定期間を過ぎて売買がされない商品は自動的に取り消しになり、再度出品しないといけないのでその辺がデメリットでした。

一方メルカリは、

①利用料無料

②出品した商品は自分の売りたい価格で売れる

③一定期間売買が無くても消されない

④簡単に売買ができる

⑤メルカリ匿名配送で簡単安心に配送が行える

というメリットがありると感じます。

売る側のデメリットとしては

①販売金額の10%を手数料としてとられる

②送料は出品者負担が大半(これは自分で決めれます)

③競合品があると価格は安め

などですかね。

【今現在の売上】

売上は1ヶ月くらいで7200円程度です。

売れてる品は色々で、ゲーム、コンタクトレンズ洗浄液、プロ野球カード、自己啓発本、雑誌、ディズニーグッズ、アイドルグッズなどです!

他の人が出してない商品は売れやすいなーと感じてます。

このまま継続的に、無料でもらった商品とか使わなそうなものを出してみようと思います。

そして、商品売買されるごとに10%の利益が生まれるメルカリのビジネスモデルもいいな〜と感じた次第でございます。

仕事の効率上げるに尽きる

日々鬼のように押し寄せてる仕事を何とか終わらそうとしますが、終わらんー!

営業という職種は、基本的には売上を作ることが仕事であると思います。

故に、売上を作る為の種まきを延々としていくので、単純作業ではなく、仕事を作ろうと思えばいくらでもやる事はわんさかあるのである。

今月売上があっても、来月どうなるかわからない。その為にせっせと外訪したり、新規見込み客を掘り起こしたりと、先が見えないことに対しての仕事をする必要が出てくる。

なので極論、営業はこれで終わり!とい仕事は見えてこない。 でも、時間は有限なのであれもこれもできないし、体は1つなので、やれる事は限定される。

仕事に対しては、いくらやっても足りないので、開き直って帰ってしまうといのも手の1つ

でも成果もあげなくちゃいけないので、短時間でも成果が出るよう、集中してやる仕事、やらない仕事を見極める事が必要かなと思います。

で、最初にやるのはまずいらない仕事、これはやらなくてもいいんじゃないか?といタスクをピックアップしてみること。

私も、その作業をしてみると、結構無駄というか仕事したつもりになってる事が多い気がします。

会社的にやれと言われているタスクも(報告書やら会議資料やら)よく考えたらこの仕事やっても売上にはならないし、上司もみていない、といものが結構ありました。

ただ一応提出物なのでやる必要があるので、さっさと終わらせて時間をかけない!と意識してま す。

外訪も何処に、何をしにいくのか?という事を意識する。成果が上がらない、または効果が少ない先には行かない!この事だけでも仕事は減るなと感じます。

お客さんも果たし状のみたいな手紙書く暇あったら〜やる事やってくれい〜と心の底では思っているかも?しれません。

私も会社に来る、保険の営業マンには心底嫌気がさす。顔出すのはいいけど〜いちいち時間とられるし、保険入る気ないのに提案するは、ノルマ達成の事しか考えていないのが見え据えているというか、こっちが望んでいないのによく来るのである。

でも向こうからしたら、名前聞けました!アンケート書いてくれました!アメ渡しました!など満足感に浸ってるかもしれません。

申し訳ないですが、契約する気は無いので他を当たってくだせい。入るときは中身はネットで商品比較する故に、、。

という事で、これからも今やってる事は意味あることか?を吟味して、さっさと帰ろうと思います♪

水素風呂は効果があるのか???

水素水、水素風呂、「水素は世界を救う」と何かと水素をうたった商品が増えてきました。確かに効果もあるとの声を聞くのですが、実験検証の人数が少なすぎてまだ科学的には効果を実証できないとも言われています。

科学的に実証されてないのに、水素は効果があるとうたいすぎてるメーカーさんもいるのも事実で、消費センターに警告を出されてる所もあるようです。 私も、イソジンを入れた紙コップに水素水を入れると透明になるとデモンストレーションを受けました。「おーすごい!と思った一方、イソジンを浄化するのが健康にいいの??とも思いました。

なので効果を実証していないのに、あるいは充分な数の検証をしてないのに、過度に煽るのは良くないと感じてます。

【半ば強制的に購入してしまいました】

取引先がメーカー同行の元、営業かけられお付き合いもあるのでツルルーン水素SPAを買ってしまいました、、。 この辺しっかり断れるようになりたいな〜。

5万とかするものではなく定価3800円【税抜き】で、ちょっと割引してもらいました。

メーカーのOSGさんは一言も話さなかったのが印象的で、もしかしたら買いたくないオーラ出してたのが伝わったのかもしれません笑

【まぁポカポカにはなった、、、、気がする】

入浴剤のような感じで一回30グラム(スプーン一杯分)を浴槽にいれて使ってみました。

シュワシュワと全身に泡がひっつき、水素??が付いているようでした。

効果としては、「ちょっとポカポカ暖まったかな〜という感じです。」 もしかしたら水素風呂という事で長く入っていただけかもしれませんが、お金を払った私の気持ちとしては効果があったんだなーと自分を納得させました。笑

まぁ気持ちよかったので効果あるなし関係なく、何と無く良かったです。

あんまりにも高いものは少し怖いですが、このくらいのものを試して水素がどれくらい良い働きをするか、実感していきたいです。

ハリポタ最新作 ファンタスティックビーストと魔法使いの旅

ハリポタシリーズ最新作の【ファンタスティックビーストと魔法使いの旅】観て来ました。 感想は迫力があって面白かったです!!

私はハリポタシリーズアズカバンくらいまでしか観てないのですが、本編をそんな知らなくても楽しめましたね。

1926年のニューヨークが舞台で、登場キャラクターもほとんど本編と絡みがないので違う作品としても観れると思います。

【ざっと内容】

主人公ニュート・スキャマンダーは後にハリーポッターが通うホグワーツ魔法学校出身で、幼い頃から魔法動物が好きだったようです。在学中に自身の魔法動物が人命を脅かしてしまい、退学。

退学後は魔法省で働いて、動物課で目覚ましい成果をあげる。休暇中に世界を回り、魔法動物の生態について記した書物を著そうと志す。

一時的にNYに身を置くことにした彼だったが、とある出来事で魔法動物を閉じ込めていたトランクから魔法動物が脱走し騒ぎを起こす。逃げた動物を回収しながら、色々な事件に巻き込まれるといった内容です。

【CGも凄かった】

映像も、最新作CGなのか、もの凄くリアルで世界観も凄かったです!また高度な魔法能力も体感できました。

あとは魔法能力のモグラのようなニフラーが個人的には好きです。こいつは可愛いなと思ってしまいました。

物語と魔法と映像とキャラクターもそれぞれ個性的でとても楽しめる作品でした。 上映中に子供のすすり泣き??が聞こえたような気もしますが、大人から子供まで楽しめますので、映画館の爆音スピーカで体感してみてはいかがでしょうか。